THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS


THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS
その変化に 終わりはなく 始まりもなかった

柔らくて、硬く、重たくて、軽やか。
裏返り、ねじれ、そしてまた、何事もなかったように解き放たれる。
風に舞い、予測できない形の変化を繰り返す「布」の動き。
その不思議な魅力を描くことで、そこにある空気や風、重力のようなものまでも表現してみたい、 そんな思いに没頭し、
作画から製本まで約2年間にわたり制作してきた最新作がついに完成しました。


 
 
THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS
著者:junaida
仕様:226×306×15mm:カラー72P:ハードカバー
発行・販売:Hedgehog Books
ISBN 978-4-909295-00-2

表紙にはクッション素材のハードカバーを使用し、フルカラー印刷に対応した特殊なクロス紙を施すことにより、
本を手にした時に布の質感や柔らかさが感じとれる特別な装丁になっています。
手にとって楽しんでもらえたら嬉しいです。

Hedgehog オンラインショップ
Hedgehog Books and Gallery

 

THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS 出版記念展

新刊の発売と、展覧会開催のお知らせです。

およそ2年ぶりとなる画集「THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS」が、Hedgehog Booksより刊行になります。

前作「LAPIS・MOTION IN THE SILENCE」以降に取り組み始めたこのENDLESSシリーズの根底にあったのは、どこまでも自由に変化する「布」の動き、その不思議な魅力でした。
風に舞う布を見ていると、その予測できない形の変化は、どこまでも終わりがなく、またどこから始まったのかも定かでないように思えてきます。
柔らくて、硬く、重たくて、軽やか。裏返り、ねじれ、そしてまた、何事もなかったように解き放たれる。
その形の不思議や変化を描くことで、そこにある空気や風、重力のようなものまでも表現してみたい、そんな思いで筆をとり、最終的には33点の連作となりました。

この連作を1冊にまとめた画集「THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS」は、前作同様、製本における全ての工程に関わることで、
本という形をした第2の作品として、自分にとっては絵を描くのと同じ意味合いを持って製作したものです。
今回も職人さんたちには随分と無茶をお願いしましたが、おかげさまで個性的な装丁を含め、イメージしていた以上に素晴らしい画集になったと思っています。
今は早く皆さんのお手元に届けたいという思いでいっぱいです。

そして、この画集の刊行を記念した展覧会を、東京と京都の2カ所で開催します。
会場は2年前のLAPIS展の時にもお世話になったほぼ日のTOBICHI2(東京・青山)。再びこの場所で展覧会ができることをとても嬉しく思っています。
そしてその後、僕が代表を務めるHedgehog Books and Gallery(京都)にて巡回展を行います。

会期中は画集の販売、原画の展示はもちろんのこと、新作グッズの販売や会場限定の特典、イベントなども予定しています。
とくに、原画展示の機会はあまり多くありませんので、この機会にぜひ原画を実際に目にしていただけると、作者としては大変嬉しく思います。
みなさまお誘い合わせの上ぜひご来場ください。

 

junaida 「THE ENDLESS WITH THE BEGINNINGLESS」出版記念展

HOBONICHIのTOBICHI2
 2017年9月7日〜9月18日(会期中無休)11:00~19:00

Hedgehog Books and Gallery
 2017年9月23日〜10月9日(会期中木曜休)13:00~19:00

IHATOVO・02 原画展開催

宮澤賢治の多種多様な童話や詩の断片を描いたIHATOVOシリーズ、第2巻が完成しました。
ほんとうはもっと早くにこの2巻も出版するつもりだったのに、気づけば第1巻の発売から2年もたってしまいました。ようやく続編をお届けできることをとても嬉しく思っています。
今回も、宮澤文学からイメージを広げて描いた絵が22編収録されています。選んだ文章や言葉は、自分にとって本当に魅力のあるものばかりです。読者のひとりとして自分がその文章から受けた輝きというか、灯りのような感覚を、少しでも絵で表現できればと思いながら描きました。
また、本日よりHedgehog Books and Galleryの店頭、およびオンラインショップでの取扱いが開始しています。是非ご利用ください。


宮澤賢治の世界を描く。物語のはじまりも 終わりもない本。

IHATOVO(イーハトーボ)・02

・著者:junaida
・オールカラー
・56ページ
・ハードカバー
・サイズ:297×220mm
・定価:2200円(税別)
・サンリード刊
・ISBN  978-4-914985-59-2

株式会社サンリード
〒520-0004 滋賀県大津市見世一丁目711-1 TEL077-526-7757

収録作品
・貝の火・風野又三郎・雁の童子・黄いろのトマト・グスコーブドリの伝記・小岩井農場・さるのこしかけ・十月の末・生徒諸君に寄せる・注文の多い料理店・どんぐりと山猫・猫の事務所・ひかりの素足・ひのきとひなげし・氷河鼠の毛皮・北守将軍と三人兄弟の医者・ポラーノの広場・祭の晩・マリヴロンと少女・山の晨明に関する童話風の構想・よだかの星・竜と詩人

 

そして、この「IHATOVO・02」原画展を、Hedgehog Books and Galleryで開催する事が決定しました。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

「IHATOVO・02」junaida Exhibition at Hedgehog Books and Gallery.
・会場:Hedgehog Books and Gallery
・会期:2015年 7月17日(金)〜 8月2日(日)
・営業時間:12:00〜19:00 ※木曜定休

 



  













ボローニャ国際絵本原画展 2015

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2015、ボローニャでの本展から引き続き、日本国内4カ所での巡回展が本日より始まりました。
僕は入選作品の「HOME」から5作品を展示しています。

ボローニャ国際絵本原画展に僕が最初に出会ったのは、高校生の頃、当時通っていたアトリエの本棚にあったボローニャの展覧会図録を、なんとなく手にとった時でした。
ちょうどその時期は、美術大学で絵は描きたいのだけど、洋画や日本画専攻は、何か自分のイメージとは漠然と違うような気がしていた時だったので、僕はその本棚の前で、こういう絵の世界もあっていいんだと、なんだかボヤけていた頭の中の焦点が、ピタリと合ったような気持ちになりました。
その図録に載っていた絵が、僕の中にもあった絵本イコール子ども向け、というイメージを軽々と壊し、絵というものの自由さ、美しさ、はてしない可能性という道を、あらためて示してくれたのだと思います。今考えてみると、僕にとっては色んな意味でのはじまりだったのかもしれません。

僕があの時手にした図録は、たしか80年代のもので、デザイン的な絵にも、恐ろしい絵や毒々しい絵にも、美しさを感じました。一見可愛らしい絵の奥にある影もじつに魅力的でした。
今年の図録にそのような魅力があるかどうかはわかりません。けれど、展覧会場か、どこかの本棚の前で、どこかの少年少女があの時の僕のように、わぁとなってくれたらいいなぁと願っています。

 

板橋区立美術館(東京都)
2015年7月4日~8月16日

西宮市大谷記念美術館 (兵庫県西宮市)
2015年8月22日~9月27日

高浜市やきものの里かわら美術館 (愛知県高浜市)
2015年10月3日~11月1日

石川県七尾美術館 (石川県七尾市)
2015年11月6日~12月13日

 

写真は、春に開催されたイタリア・ボローニャでの本展の様子です。





LAPIS 展覧会を終えて


「LAPIS・MOTION IN THE SILENCE」の出版を記念した展覧会、おかげさまで無事に会期を終える事ができました。
4月に京都のHedgehog Books and Gallery、6月に東京のHobonichiのTOBICHI2、という2カ所での開催でした。展覧会にご協力頂いたみなさん、そしてご来場頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

「LAPIS」という、僕が今まで発表してきたものとは少し違った空気を持った作品たちが、どんな風に受け入れられるか、そんな事をある意味では問いかけるような展覧会になるんだろうなぁと考えていました。それもあって、今回はホームギャラリーのHedgehogだけではなく、ぜひ関東でも開催したいと考えていた中、ほぼ日刊イトイ新聞のみなさんのご協力のおかげで、南青山のTOBICHI2での開催が実現したのは本当に幸運でした。
そして、とてもありがたい事に、おかげさまで本当に大勢の方々が連日会場へと足を運んでくれました。あの小さな空間が満員になってしまい色々と不便があったかもしれないのに、みなさん静かに、そして熱いまなざしを作品に向け続けてくれていた事に、僕自身とても感動しました。展覧会というのはお客さんも一緒に作っていく空間なんだなあと、あらためて感じさせてもらえた本当に良い展覧会だったと思っています。みなさん、どうもありがとう。

また、展覧会に合わせて、ほぼ日でインタビュー連載 ”僕は「絵描き」になった。” を掲載して頂いたのも、とてもありがたい出来事でした。今まで絵や自分について言葉にするという事をあまりやってこなかった僕ですが、とても素直な気持ちで色々とお話しさせてもらえて、それが多くの方々に読んでもらえた事がとても嬉しかったです。

あとTOBICHI2の会期中には、会場で作品の公開制作、なんていう事も企画して頂きました。人前で絵を描くのは初めてだったのでとてもドギマギしました。絵を描いてるところ、なんてとくに僕なんかはチビチビ描く大変地味な作業が続きますので、はたして観客に楽しんでもらえてたのかは定かではありませんが、なんとか期間中に作品も完成できたのでとりあえずは良しとします。描いた絵はTOBICHI2がモチーフになっています。

今回、この連作を描き、画集にし、展覧会を開催した事は、僕にとってこの数年で一番の冒険でした。今までただの壁だった所に「LAPIS」という新しい扉を作ったら、そこから思いがけずたくさんの人が訪ねてきてくれた。そういう経験でした。本当に嬉しかったです。

Hedgehog Books and Gallery
ほぼ日刊イトイ新聞
TOBICHI

 

ほぼ日刊イトイ新聞、junaidaのコンテンツ

僕は「絵描き」になった。

ただいま製作中!2015.6.5
ただいま製作中!2015.6.9
ただいま製作中!2015.6.10
ただいま製作中!2015.6.10
ただいま製作中!2015.6.10
ただいま製作中!2015.6.10
ただいま製作中!2015.6.10
ただいま製作中!2015.6.11
ただいま製作中!2015.6.11
ただいま製作中!2015.6.12
ただいま製作中!2015.6.13
ただいま製作中!2015.6.13
ただいま製作中!2015.6.13
ただいま製作中!2015.6.13
ただいま製作中!2015.6.14
ただいま製作中!2015.6.14
ただいま製作中!2015.6.14

いまのTOBICHI 2015.6.10
いまのTOBICHI 2015.6.10
いまのTOBICHI 2015.6.10
いまのTOBICHI 2015.6.11
いまのTOBICHI 2015.6.11
いまのTOBICHI 2015.6.12
いまのTOBICHI 2015.6.12
いまのTOBICHI 2015.6.12
いまのTOBICHI 2015.6.13
いまのTOBICHI 2015.6.15

 

「LAPIS・MOTION IN THE SILENCE」at Hedgehog Books and Gallery. 2015.4.18—5.5















 

 

「LAPIS・MOTION IN THE SILENCE」at HobonichiのTOBICHI2. 2015.6.10—6.14

TOBICHI2のサブちゃんとかまど。


TOBICHI2の裏には素敵なお墓があって、そこで休憩するのが密かな楽しみでした。







レ・ロマネスクのTOBIさんがサプライズで遊びにきてくれました。だいすきなんです。とっても嬉しかったです。




ブイヨンも何度も遊びに来てくれましたね。